医学部予備校へは通うべき!小論文や面接対策もここでバッチリ

ロゴ

医学部予備校とは?

医学部予備校は、医学部受験に特化した予備校のことを指します。この予備校では、医学部に合格するのに必要な学力のみならず、小論文や面接の対策も行ってくれ、また医学部受験を専門に扱っているので、データや対策が非常に優れています。

医学部予備校と一般的な予備校の違い

医学部に特化

受験にはもちろん基礎知識や基礎学力も大切ですが、大学の出題傾向を分析し、そのテスト内容に合った勉強をすることも大切です。医学部受験に特化している予備校なら、傾向分析と対策にとても力が入っており、医学部が求める学力を手に入れられます。

基礎を身につける

一般的な予備校は、特定の大学専門のコースも設立してはいるものの、ほとんどの授業はどこの大学に入るにも必要な基礎を教える授業です。こうした予備校に通うのも合格には大事ですが、医学部に行くためにはそれに特化した学習も必要になります。

受験合格は努力次第!医学部予備校で学ぶことで可能性が高まる

男女

医学部予備校で学べること

医学部に入るのに必須の教科は、英語と数学、そして受験でも医学部合格後でも使い続ける学問である生物です。医学部予備校は、特にこの3教科に力をいれて指導を行います。また医学部受験には小論文や面接の必要もあるので、小論文は書き方の学習や実践演習をしてもらえますし、面接もコツを習得することで合格に近づくことができます。

勉強

医学部予備校の費用目安

医学部予備校の学習コースは、教科ごとにコマをとっていくパターンと、受験に使用する全科目の面倒を見てもらえるコースがあります。他の塾と併用するなら特定の強化のコマだけを取り、完全にその予備校に勉強を任せるなら総合コースを選びましょう。単教科コースの場合、一コマにつき月20000円が相場です。また総合コースなら、安くて年100万円、サポートが手厚かったり少人数授業を行っていたりすると年150万円程度かかります。

男性

家庭教師も利用しよう!

どれだけ少人数で展開している塾も、一つの授業につき五人は生徒がいるので、周りの生徒より理解が速かったり、逆に遅かったりするとあまり学習効率はよくありません。しかし家庭教師を利用すれば、完全にマンツーマンで勉強を教えてもらえるので、とても効率的です。また家庭教師は大学生が行っていることが多いので、大学の生活や授業の様子を聞くこともでき、刺激になります。

人気医学部予備校の評判を大公開☆

家庭教師を探す際に重視するポイント4選

ウーマン

志望校の先生を選ぶ

家庭教師はプロの教師とは違い、色々な学校の出題傾向を知っている訳ではありませんが、逆に通っている大学の出題傾向にはとても詳しいです。なので志望校の大学生に家庭教師をしてもらうのが一番です。

受験期の成績で判断する

生徒が先生より良く出来るようになるというのは稀です。そのため、余裕を持って志望校に合格したいのなら、ギリギリで合格した先生よりも、余裕を持って合格した先生を選んだ方が良いです。

費用も肝心

家庭教師はマンツーマンで勉強を見てくれる分、かなりの費用がかかってしまいますし、先生によってかかる費用の差も大きいです。先生の質も大事ですが、先生を選ぶ時はまずは払える金額かどうかで絞りましょう。

先生の性別

もし家庭教師が自分の子供になにか悪影響を与えないか心配なら、同性の先生を選びましょう。同性だと、話が合いやすいですし、異性よりも緊張せずに済み話しやすいという利点もあります。

名古屋で医学部予備校を探すならここへ☆